ナイトブラ バストアップ 嘘

ナイトブラがバストアップに効果があるっていうのは嘘?ホント?

ナイトブラがバストアップに効果がないという噂もあります。

 

ではホントにナイトブラはバストアップに効果がないのか?

 

 

バストアップの大敵と呼べるのがバストの垂れです。

 

 

このバストの垂れが起こるメカニズムというのは、多くがクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうことが原因!

 

 

クーパー靭帯というのは胸の中にある組織で、乳房内に無数の網の目が張り巡らされていて、大胸筋と乳腺または脂肪を繋いでいるという大事なものです。

 

 

大胸筋と乳腺、脂肪がクーパー靭帯で繋がれていることでバストの形が維持できているんです。

 

あと大胸筋や小胸筋によってもバストの形を維持しています。

 

 

 

このクーパー靭帯というのは強く伸びたとしても元に戻るんですが、強い刺激や激しい運動を行うと切れたり、伸びた状態で元の状態に戻らなくなったりすることがあります。

 

切れたり、元の状態に戻らなくなるとバストの形を保持することが難しくなり、バストの垂れにつながるんです。

 

このクーパー靭帯は切れても痛みを感じることはありません。

 

なので気づいた時にはもう切れている…といったことが起こるんですね。

 

 

このクーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因

バストの重力
スポーツ
妊娠授乳
加齢
日常生活

 

 

この中で注目してもらいたいのはバストの重力です。

 

バストってけっこうな重さがあります。

 

たとえAカップだとしてもその重さは200g前後にも!

 

 

寝ている状態でその重さがあるバストをそのままにしていると当然下に流れてしまいます。

 

つまり寝ている間はずっとクーパー靭帯が伸びている状態ってことです。

 

伸縮性があるクーパー靭帯ですが、長時間伸びている」状態が続けば縮む力が弱くなってくるのは目に見えて明からです。

 

 

縮む力を弱めないためにもナイトブラでバストを保持することが重要になってくるんですね。